シャイニングローズに輝く!?車のフロントガラスもカスタムの時代

      このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車のフロントガラスについて

最近では安全性を追求した自動車が国内・海外問わずに各メーカーから発売されています。

すでに自動運転を可能にした自動車も開発されていて、将来的には自動車事故が0になる可能性も夢ではなくなっていますが、今のところは完全に事故を防げる自動車は残念ながら発売されていません。

そのため自動車を運転する時には十分に気を付けなければいけません。


フロントガラスには合わせガラスが採用されています

 

万一事故を起こしてしまえば、これまで努力してきたことが一瞬で失われてしまう場合もあり、自分が犯罪者になってしまうことも、自動車を運転していれば考えられます。

したがって自動車の運転が苦手だという人は、できるだけ運転を控えるか、運転技術を高めるか、より慎重に運転するようにしましょう。


もちろん現在発売されている自動車には、事故が起きても大丈夫な工夫がいろいろされていて、フロントガラスも昔よりも高性能になっています。

現在ではフロントガラスには合わせガラスが採用されていて、合わせガラスはガラスとガラスの間に柔軟で強靭な中間膜を挟んで加熱密着がされています。

事故が起きた時にフロントガラスに体当してしまっても、その衝撃を中間膜が緩和して吸収してくれます。

さらにガラスも割れやすくなっていて、体当たりした時の安全性を高めています。


もちろん外部から簡単にフロントガラスを叩いただけでは割れないようになっていて、昔のフロントガラスのように、衝撃が加わってガラスが割れたとしても、目の前が真っ白になるようなことはありません。

さらに映画やテレビドラマで見るように、簡単にガラスが崩れ落ちるようなこともありません。


(参照HP)中古車の査定額と値引きテクニック


フロントガラスを拭く時に注意すること

 

フロントガラスは常に前がクリアに見えるようにしておかなければいけません。

視界が悪いと事故を起こす可能性が高くなります。


屋外を走行する自動車のフロントガラスには、ゴミやホコリや砂や泥などがつきやすく、それを取り除くために乾いた雑巾やタオルなどを利用するとガラスに表面を傷つけてしまうので、フロントガラスを拭く時には、一度汚れを水などで流してから専用のクロスなどを利用して拭き取るようにしましょう。

フロントガラスに飛石などで傷がついた場合は、小さな傷でもどんどんそれが広がっていくこともあるので、すぐに修理や補修をするようにしましょう。

Pick-Up Topics

新時代のフロントガラス!?ソーラーインパクトとは

 

プライバシー保護のためやお洒落のために、マイカーのフロントガラスにカラーフィルムを貼っているドライバーも多いのですが、そのような人たちにおすすめなのがソーラーインパクトです。


ソーラーインパクトとは、自動車のフロントガラスをカスタムとするという新提案から生まれたカラード・フロントガラスです。

カラーフィルムのように車検を通せないなどの不安もなく、車検対応になっています!

「新時代のフロントガラス!?ソーラーインパクトとは」の続きはこちら

車塗装のガラスコーティング

 

マイカーをお持ちの方なら、誰でも車は常にキレイに乗りたいと思っていることでしょう。

新車の時には車はどれも綺麗で艶々してしますが、しばらく何もしなければ、その輝きはなくなっていき、艶を出したい場合はこれまではワックスを利用するのが定番でした。


しかし最近ではワックスではなくガラスコーティングにより、艶出し効果を実現しているドライバーも増えていて、車塗装のガラスコーティングは、常に車を艶々の状態に保ちたいドライバーにはおすすめです!

「車塗装のガラスコーティング」の続きはこちら

ロータリーエンジンの雄 RX-7

 

RX-7とは、自動車メーカーのマツダが以前販売していたスポーツカーです。

RX-7は1978年に、マツダが1971年から生産していたサバンナの後継車として、サバンナRX-7として発売されました。


1991年にはマツダが当時展開していたアンフィニブランドから発売されることになり、名前もアンフィニ・RX-7に変更になりましたが、1997年のアンフィニブランドの廃止で再びマツダブランドから販売されるようになりました。


2002年に自動車排出ガス規制の強化を受けてRX-7は生産を終了したので、現在では中古車しか手に入れることはできません。

「ロータリーエンジンの雄 RX-7」の続きはこちら